小6☆昨年の夏休みの苦しい思い出回顧録

スポンサーリンク
中学受験_保護者様向け

※限定記事にしようと思ったほどの長くて重たい内容ですが、少しでも参考になればと思ってまとめました。よかったら読んでください。

塾の平常授業がお盆で休みになりました。小6以外のお子様は少しゆっくりできる時期です。今のうちに親子で小学校の宿題を終わらせて、始業式直前の喧嘩を防ぎたいです。

小6のお子様はお盆の時期の合宿やイベントの予定がある方は、これまでと変わらず大忙しだと思います。「8月の公開と模試で結果を出すように」と塾や保護者様から言われているお子様は、精神的に非常にしんどい状態が続きます。結果が出せればこのまま馬車馬状態が続き、結果が出せないと志望校変更などで苦しい選択を迫られます。

お子様は毎日疲れ果ててよく眠れるかもしれませんが、これから入試が終わるまで保護者様は眠れない日々が続くと思います。

ぼんず君の小6夏は、思い出すだけで苦しくなるほど、親子でしんどい時期でした。結果としては合格をいただいて、学校や塾で忙しい日々を送っていますが、入試直前まで「受験できなくなるのでは」と思うほど、成績も精神的にも不安定な状態でした。

この不安定さは夏頃から始まりました。これまでずっと順調に勉強できていた分、ぼんず君の不安定な状態にどう対応していいか分かりませんでした。「夏からどの家庭でも問題は起きる」がまさか我が家でも始まるとは、という気持ちでした。

成績は安定せず、極めて良い時と受験撤退を考えなければならないような悪い時と両極端でした。良い時が良すぎるので、塾の先生方からは何も言われませんでしたが、私は非常に危機感を感じていました。

まずは、仕事を辞める決意と準備を始めました。夏休み中には間に合わなかったですが、退職後はぼんず君に付きっ切りで受験を乗り切ることにしました。文章で書くと簡単ですが、相当悩みました。仕事のことは長くなるので別の機会にまとめます。

夏休み中に浜学園から配布(購入)される教材の量が膨大だったのも苦しみの原因の1つです。三冠本4科目を毎日解くのは無理と判断し、社会と国語は止めました。余裕のある時だけ、算数→理科の順に、苦手な単元から優先して解かせました。

救いだったのは過去問解きは順調に進んだことです。算数と理科の20年本を2校分、過去10年分を終わらせました(直近分は10月中旬から解きたかったので、この時期には触れていません)。

マスターの国語では入試問題を解く力が付かないことは分かっていましたが、クラス維持の問題もあって辞めることができず、苦しみました。「国語だけ辞めたい」と塾にも相談しましたが、そうするとVクラスから落ちると言われたので、辞められませんでした。

この時期に、以前から検討し続けていた国語力補強のための外注を開始しました。ここで外注の決断をしていなければ、合格はなかったと思います。外注の話も近いうちにまとめます。

親子喧嘩はしょっちゅうでした。無事に受験までたどり着けるのだろうか、毎日そればかり考えていました。

外からは、成績が良く見える子でも、家の中では様々な問題を抱えながら受験勉強を続けている家庭もある(多いと思います)ことをお伝えしたくて今日の文章を書いています。

そんなに勉強が嫌なら、受験なんか止めてしまいなさい

何度ぼんず君に言ったか分かりません。同じ内容を夜中まで何度も何度も言い聞かせる日が続きました。それでも、次の日の朝には弁当2個と水筒、大荷物を持って塾に出かけて行きました。夜に塾が終わるのは21時すぎ。それから外注先での勉強。自宅でも勉強。大人でも心が壊れますね。

今から思えば「毎日遅くまで頑張っているね。一緒に頑張ろうね」と声を掛けてやれなかった私にも、不安定さの原因があったと思います。その時はいっぱいいっぱいで、そこまで頭が回りませんでした。

「集中してない」「点数が取れていない」「これでは間に合わない」という私に対して、「これでも毎日やってんだよ」「こんなにしんどいならもう受験しない」とよく言われました(品良く繕っていますが実際は相当な修羅場ですメラメラ)。文字で書くと、ぼんず君の言うことはそりゃそうだ、と分かるのですが、その時は成績を安定させることに必死で、ぎゅうぎゅうに予定を組んで勉強させることしかしていませんでした。

受験撤退、何度も考えました。もっと最悪の事態も考えました。救いは、私が一人っきりではなかったことです。塾以外のプロに支えていただきました

人生でいちばん辛く、しんどく、思い通りにならなかった夏でしたえーん

こんな夏を過ごした私たちでも、何とか合格しています。塾のカリキュラムを信じて、お子様の可能性と力を引き出してあげられるのは保護者様(お母様)だけです。とても難しくて私は出来ませんでしたが、ほんの少し、お子様の気持ちに寄り添ってあげると、問題の解決策が見えてくるかもしれません

コメント