小6☆日曜志望校別特訓の組(クラス)と合否の関係。

スポンサーリンク
6年の勉強
スポンサーリンク

今日から9月です晴れ 小学校が再開し、夏休みのように1日中、時間を自由に使えなくなりましたえーん。塾の年間予定では今学年も残りあと5カ月で、すでに半分以上の過程が終わっていますが、どの学年も前半は昨年度の復習や暗記科目が中心です。後半に大切で難しい単元が集中しますので、ここからが本番です!

小6の皆様は、9月からの日曜志望校別特訓(浜学園名称)でいよいよ志望中学校別のクラス編成になります。クラス分けの結果は当日の教室貼り出しを見るまで分かりません。昨年は朝、教室に着いたぼんず君から「○組だった真顔」との電話でクラスを確認するところから始まりました。

日曜志望校別特訓は受講資格を得ることは第一段階で、本当の目標は1組から4組ほどまでの中で、できるだけ上のクラスに入ることです。

上位クラスほど合格率が高いためです

クラス分けの基準はコースよって異なりますが、公開学力テストと志望校別特訓での復習テストの点数でコース内の総合順位が出されて、上から1組、2組と振り分けられます。クラスは固定ではなく、コースによって異なりますが、毎月や2カ月ごとにクラス替えがあります。

9月スタート時に1組でも、次のクラス替えで3組に落ち、浮上できないまま入試を迎える方もいます。逆に3組スタートで、2組→1組とじわじわ上がってくる方もいます。ぼんず君はスタート時から直前までずっと同じクラスのままで、「珍しい」と先生方から言われました。

実際の点数は、プレや入試演習の結果は安定していましたが、公開や日特の復テは安定からはほど遠く、夜中に私一人で絶望する日々でしたえーん。親が毎晩眠れない成績でも安定の部類に入るほど、9月から入試直前までは成績が大きく上下するのは珍しくないということです。

1つの志望校別特訓コース内で、全体の半分から1/3の方が第一志望に合格します。合格圏である上位1/3から半分までの層は完全には固定せず、毎回多少の入れ替わりがあります。9月で上位の方も、下のクラスの方も、全員に合格のチャンスがあります。私の感覚ですが、3組までなら逆転の可能性があります(しかし、大逆転で人数は少ないです)。

ここから先は体力と気力のある子が強いです。ぼんず君でも乗り切れた道なので、皆様、大丈夫ですよニコニコ

コメント