小6☆鉄緑会への入会選抜試験(入塾テスト)

スポンサーリンク
鉄緑会
スポンサーリンク

中学受験が終わったばかりの保護者様は、まだ中学校進学後のイメージがつかないかもしれませんが、「鉄緑会」はご存知の方が多いと思います。ご存知でなくても、最難関校の合格者説明会当日に校門前で「鉄緑会」と白文字の入った水色のクリアファイルを配布していますので、その中のチラシで目にされるかもしれません。

鉄緑会は、東京と大阪に校舎がある中高一貫校生向けの進学塾です。関東のことはよく分かりません。関西は、梅田西宮京都に教室があります。西宮は中学生のクラスだけが開講されています。

鉄緑会が有名なのは、東大理III合格者の6割が鉄緑会出身であることです。東大以外にも、京都大学や大阪大学を始めとする医学部、旧帝大など、早々たる合格実績を誇ります。

中高一貫私立校の大半が「通塾は不要です。学校の授業だけで十分大学に合格できます」と言われますが、多くの中学校で、中1の1/3はどこかの塾に通っていると思います(西大和と甲陽は除きます)。

もし、お子様を鉄緑会に入会させたいとお考えの保護者様は、4月開講に向けての入塾テストをできるだけ早く受験させることをおすすめします。

理由は、中学受験終了後、お子様の多くは急速に勉強が出来なくなるからです。中学受験対応の学力は今がピークです。鉄緑会の入会選抜試験(入塾テスト)は、4月開講分に限り、算数と国語の2科目です。中学受験の知識がまだ頭に残っている今であれば、入会選抜試験の合格可能性が高くなります。

早い受験をすすめるもう1つの理由は、入会が決まった方から、4月開講コースの曜日を選択できるからです。鉄緑会の対応は、これまで通った浜学園のような中学受験塾とは大きく異なり、融通が利かず、こちらが合わせなければなりません。受講曜日の変更1つだけでも面倒で、大変です。希望の曜日が空いてなければ、それまでです。あまりのそっけない対応にビックリされるかもしれません。

東京は特定の最難関中だけは中1の間だけ入会選抜試験なしで入会できる指定校制度がありますが、大阪はありません。全員入会選抜試験を受ける必要があります。

いちばん早い入会選抜試験は、1/26に実施され、その後、3/3までに計10回の試験があります。実施は梅田校のみです。詳細は鉄緑会大阪校のウェブサイトでご確認ください。受験申込は電話で受け付けてもらえます。受験料が必要で、当日窓口で支払います。お子様が受験中に保護者様向けの説明会があります。どの回も満席です。

合格の場合、テストから3~7日以内に電話がかかってきます。そこで、受講可能なクラス(AかB)と現時点で空きのある曜日が伝えられます。優秀な成績だった場合は、「算数は満点でしたよ」などとコメントをいただけるかもしれません。

残念ながら不合格の場合、10日~2週間程度で書面で通知がきます。私の感覚ですが、合格率は3~4割以下だと思います。成績によって、A(上位)とBに振り分けられます。

次の入会選抜試験は7月ですが、7月以降は科目が英語と数学になります。鉄緑会の授業で進んだところまでが出題範囲ですが、非常に進度が早いため、灘中以外の中学校であれば、学校で習っていない範囲の試験を受けることになるかもしれません。

中1の授業は、英語と数学の2科目で、1科目だけの受講も可能です。授業の進度はやたら早いですが、それほどの負担ではありません。中2や中3からのスタートでも、入塾テストに合格できて、鉄緑会の進度以上に先に勉強ができていれば、問題ありません。中1から必ずしも塾にまた通う必要はないと思います。

逆に、4月開講からの入塾を検討された方が良いかもしれないケースは、

  1. お子様の学力のピークは今だと思う。
  2. 中学校の進度が鉄緑会よりもゆっくり目だと思う。
  3. 現時点で相当緩みまくっている。
  4. 理系を目指したい男子

でしょうか。女子の受験者もいらっしゃいましたよ。

1回の試験で150から200名近くが受験します。テストの受験枠はすぐに埋まってしまうため、ご検討中であれば早目のご予約をおすすめします。

コメント