中1☆第1回「鉄緑会校内模試」分析まとめ(問題構成、難易度、クラス分け基準など)

スポンサーリンク
鉄緑会
SONY DSC
スポンサーリンク

 鉄緑会では年に2回、8月と2月に校内模試が実施されます。これは半年ごと(4~9月と10~翌年3月)のクラス編成を決定する非常に重要な試験です。毎週の復習テストの成績が今ひとつでも、校内模試で上位になればクラス維持やクラスアップが可能です。逆に、毎週の復習テストで成績上位でプリントに氏名が掲載され続けても、学校行事や体調不良で校内模試を受験できない場合、次のクラス替えで極めて不利な結果となる可能性が高いです。

中1の鉄緑会に通われるお子様は、8月は初めて受験する校内模試です。問題の難易度はどの程度なのか、クラス維持(アップ)に必要な点数はどのくらいか、対策に何を勉強すればよいかなど、昨年の経験を基に分かる範囲でご紹介します。

ご紹介する内容は大阪校での経験を基にまとめていますので、関東地区のお子様にはあてはまらない内容があることをご了承ください。おそらくですが、関西地区よりも関東地区の方が成績やクラス替え基準は厳しいと思います。クラス替えは教科ごとに判定されます。英語がAクラスで数学はBクラスという振り分けもあります。

■英語

●問題の構成と難易度

校内模試の問題は東京・大阪と共通です。2018年の中1英語・数学の問題を基に問題の難易度をご紹介します。まずは英語からです。試験時間は70分、配点は120点です。2018年1回目の問題構成は、

  • 大問1:単語(英訳)、単語の並べ替えによる文章作成、文法
  • 大問2:発音
  • 大問3:聞き取り
  • 大問4:正誤、単語の並べ替えによる文章作成、文法
  • 大問5:英作文12問とごく簡単な文章題

難易度は難しくありません。テキストを完璧に理解していれば満点近い点数が取れます。

●平均点など

平均点は60点後半でした。120点満点のため、100点換算するとおよそ59点です。上位層は120点近い点数を取っています。

●Aクラス入りの基準

〇点以上はAクラスとうたわれているわけではありませんので、あくまでも推測ですが、おそらく105点前後あればAクラス入りができるのではないでしょうか。

■数学

●問題構成と難易度

数学の試験時間は90分、配点は120点です。2018年1回目の問題構成は

  • 大問1:計算5問
  • 大問2:計算6問と文章題1問
  • 大問3:図形問題5問
  • 大問4:文章題2問
  • 大問5:図形の証明問題1問
  • 大問6:図形の証明問題1問(1)~(3)

ぼんず君は「難しかったー」と言いながら帰宅しました。私が見る限りでは、それほど難しくはありません。鉄緑会に通っていなくても、中学受験時に算数が超得意科目であれば、そこそこの点数が取れるのではと思います。ただし、鉄緑会の証明問題は、独特の言い回しを使う必要があり、そのルールから逸脱すると細かく減点されるため、通塾生でないと証明問題に太刀打ちするのは難しいと思います。

●平均点など

英語よりも少しだけ低い点数で、同じく60点台です。上位層は非常に高得点を取っています。英語、数学ともに上位20名ほどの生徒さんは冊子に名前が掲載されます。学校名の記載はありません。

●Aクラス入りの基準

英語よりも少し低い点数でもAクラスに入れたようです。それでも100点前後は取る必要があります。

■対策

科目の得意、不得意にもよると思いますが、難易度だけを考えると、数学に重点を置くのがよいと思います。数学はテキスト以外にも様々なプリントが授業中に配布されています。それらをきちんと整理して、計算問題が苦手であればやり直す。図形問題が苦手であれば証明の書き方を覚えるところから始めるなど、基本に返る学習が重要だと思います。まだ出題範囲は極めて狭いので、今の段階ならいくらでも挽回可能です。

逆に、これからカリキュラムが進むにつれて、挽回が難しくなります。1年経った中2の内容は英語、数学ともに非常に難しくなりました。ただ、これでもまだまだ序の口だと思います。さて、我が家はいつまで鉄緑会に通うことができるでしょうか。と思うくらいです。

校内模試まであと2週間ほどです。1日1単元ずつ復習すれば、4月からの内容はすべて網羅できます。コツコツがんばりましょう!

コメント

  1. 関西母 より:

    ボンズ君母様
    中1男子鉄緑の母です。いつも有益な情報本当にありがとうございます。課金したいのに手段がなく、感謝の気持ちだけでもお伝えしたくコメントいたします。知りたい情報を的確にタイムリーに発信してくださるので大変優秀なかたなのだな、と感じています。これからも記事、楽しみにしています。

    • bonzukun_mother より:

      こんばんは。コメントありがとうございます。
      (お名前が何か嬉しい響きです。)
      親はそつなく動きますが、その分、子どもがとってもダメダメで
      苦労が続いています…。記事はぼちぼち更新しますので
      また読んでくださいね。