これ1冊で春期講習不要☆ゼロから始める「中学英語基礎」の先取り学習

スポンサーリンク
勉強_中1

■はじめての英語学習におすすめの教材

中学受験の勉強に追われていたお子様は、英語の勉強までとても手が回らなかったと思います。我が家もそうです。ぼんず君は、小学2~3年頃まで遊びのような英会話学校に通った時期もありますが、そこで学んだ内容は全て忘れていました。リスニングも会話も何の力もついておりません。

毎月の月謝はかなり高額だったので、ひたすらもったいないです。英会話学校に通うなら、ある程度学校で学んだ中学生以降にすればよかったです。

受験が終わり、浜学園に行くこともなくなって、自宅でゴロゴロしているぼんず君に、中学入学までに英語文法の基礎を身に付けさせるために選んだ教材をご紹介します。

くもんの中学基礎がため100%中1英語ー文法編ー

公立中学の進度に合わせた内容です。中1英語は過去形、助動詞までの扱いです。現在進行形はありません。初めて英語学習を始めるお子様にぴったりの本です。

■受験英語の学習段階を身に付けると後で楽

 「くもんの基礎がため英語文法編」は公立中学1年生で学ぶ英文法をコンパクトにまとめた本です。

構成が非常に良いです。単元ごとに前半が文法の解説、後半が問題とまとまっています。問題はレベル別の構成で、いちばん難しいレベルの問題は結構難易度が高いです。高難易度の英作文をパーフェクトに書ける新中1のお子様はなかなかいないと思います。

いくつかの単元ごとに「復習テスト」が掲載されています。こちらもレベル高い問題が揃っています。

お子様が自分で解説を読み(または保護者様が解説をする)、問題を解いて、単元の中で出てきた新しい単語を単語帳かノートにまとめて覚えていけば完璧です。

小学生時代にすでに英検3級を取得した方は別として、英会話教室などで英語を学ばれたお子様は、受験英語の学習ステップを確認する上でもこの本はおすすめです。

■新中1英語の春期講習は簡単すぎて不要です

この本をきちんと勉強すれば、中高生向けの塾が開催する新中1生向け春期講習の英語に参加する必要はありません。

新中1生向けの英語はどこの塾も判を押したように超簡単な内容で、時間がもったいないです。

どのくらい簡単かといいますと、アルファベットの書き方から始まります。大文字Aと小文字aの違い…。続いてごく簡単な単語を書きます。数万円を払って教えてもらう内容ではありません。

夏期講習からは講習らしいカリキュラムになります。無料ならお子様がいない間に部屋の掃除ができるのでいいとして、お金を払ってまで参加しなくてもいいと思います。

■英語先取り学習、我が家の4つの目標

我が家は次のようにこの本を活用しました。

目標:

  1. 本の中のすべての単語を覚える。
  2. 文法事項を踏まえた上で簡単な英作文が書けるようにする。
  3. 本の中の文章を音読できるようにする。
  4. 自分の意思を英語で伝えられるようになる。

ぼんず君の英語に対する知識はゼロに近いので、まっさらな頭に英語の地図の地図を書き込むイメージで学習計画を立てました。私の語学取得方法は、まずその言語の構造(文法)を大枠でつかみ、頭の中に柱(幹)を立ててから、枝→葉を付けていく樹木構造を作る方法です。

中1英語の内容である現在形と過去形、助動詞が理解できれば、簡単な英会話も可能です。この本を2週間で終わらせる計画を立てました。

■ぼんず君、初めての英語学習に苦戦しました

すぐに終わるだろうという私の予想とは裏腹に、初めて英語を学ぶぼんず君は英語学習に慣れるまでに苦戦しました。

まず、発音できない。残念ながら今でもそうです。発音記号と単語をセットで覚えさせることを徹底しなかったことを非常に後悔しています。我が家の英語学習の最大の失敗ポイントです。

次に、単語が覚えられない。翌日には書けない、読めない状態でした。

どうしたかというと、繰り返しました。それしか覚える方法はありません。紙に書いて、声を出して読む。これの繰り返しです。受験が終わって有り余る時間があります。単語の反復なんて1日10分もかかりません。時間がないのではなく、面倒だからくり返さないだけです。毎日の反復を日課にしました。

単語を覚えても、変てこりんな英作文しか書けない。S+V+O, S+V+O+O, S+V+O+Cなどの構文を徹底して反復しました。

中学校入学前までに英語学習で使用した教材はこの1冊だけです。中学入学までに3回は繰り返したと思います。

姉妹本に「くもんの中学英語基礎がため100%中1英語・単語読解編」もあります。我が家は購入していませんが、文法編を終えてから取り組まないと、体系的な学習にならないと思います。

■映像教材「スタディサプリ」もあります

本を自分で読んでの独学が難しいお子様には

「スタディサプリ」

をおすすめします。講義のビデオを見て、PDFファイルを印刷したテキストの問題を解くスタイルです。

映像で見て、音で聞く学習スタイルは語学に合っています。

文法単元が細かく分かれているので、理解の早いお子様はご自身のペースでステップアップできます。ゆっくり学習したいお子様はビデオを反復使用することができます。

また、なによりもお値段がお安いです。月額980円で英語だけでなく、高3までの全科目の講義が視聴でき、テキストの印刷も可能です。

塾の春期講習に行くよりも、間違いなくハイレベルな内容を学ぶことができます。

数学の数の性質については、良質な講義を提供してもらえるのであれば対面授業で学ぶのがよいですが(理由は難しいからです)、英語学習の導入部分であればビデオ講義で十分です。1単元のビデオ視聴時間は10分程度です。

■春休みの土台作りで英語を得意科目に!

私立中学校の英語の進度は非常に早いです。開始直後は、塾の春期講習と同様にアルファベットから始まるかもしれませんが、すぐに難しくなります。

英語を全く理解しないでいきなり中学校の授業を受けると、面食らうかもしれません。ある程度、英語の決まりごと(主語+動詞、疑問文の作り方、発音など)を学んでおくと、授業の理解も各段に早く、深くできると思います。

たくさんの自由時間がある今の時期だからこそ、英語の基礎がために力を入れていただきたいです。

英文法の基礎をきっちりマスターしたぼんず君は、英語が得点源になっています。この本で英語学習の土台を築くことができたからです。

中学校入学前までに英語の土台ができていれば、入学後、必ず「春休みに勉強していてよかったー」とお子様に実感していただけます。合格のお祝いプレゼントは、英語学習が終わってから商品を選ぶのはどうでしょうか笑。

  • 英語&数学の先取り学習に最適!
  • 月額980円(税抜)で申し込めるのは2/18, 11:59まで!
  • それ以降は1980円に値上げされます。

コメント

error: Content is protected !!