中学受験を乗り切るため、保護者の健康診断受診のすすめ

スポンサーリンク
中学受験_保護者様向け

6/27, 6/28とG20大阪サミットの影響を受けながら出勤しました。ニュースで報道されていましたが、高速道路は封鎖されて、滑走路みたいな状態が上から見え、市内を走る車の量が普段の1/3~1/4の印象でした。高速道路に車が1台もいない状態は初めて見たので、病院で記念撮影しました。時々、要人らしき車のご一行が通りすぎるのが見えました。高速道路貸し切りで走るって、大事にされている感が強くて、さぞかし気分がいいでしょうね。このくらいの交通量でこれだけ警察官だらけだと街中も落ち着いて歩けますが、週明けからはまたいつものざわついた大阪に戻るのでしょう。ちょっと残念です。

G20の最中なら空いていると思い、事前に申し込んでいた健康診断に朝から行きましたが、大盛況でした。人生初のMRI検査(狭い!うるさい!まばたきも禁止で緊張)と初・胃カメラ検査を受けました。ひどい頭痛が続くので脳の血管が心配でオプションをつけましたが、結果は後日郵送とのことです。胃カメラの画像はその場で私も見ることができました。自分の体内を見た感想は、

内臓キレイ!」です。

ぼんず君関連のストレスで何年も苦しんできたので、傷だらけ、血だらけの胃を想像していましたが、つやつやのピンク色で、先生も「キレイな胃ですね~」と感心されていました。ただ、古い傷跡のようなものが何か所か見られ(私でもはっきり分かりました)、中学受験時代に受けたストレスの大きさを思い出しました。

専業主婦の労働を外注すると1カ月で30万円かかるという記事をどこかで読んだことがありますが、中学受験を目指すお子様の面倒全般を見る保護者様の役割は、上記をはるかに上回る金額に換算されると思います。

私のように塾の授業内容を全科目フォローしている場合、私が寝込んでしまった場合に一時的にでも学生家庭教師(プロは高すぎるので)をお願いするとしたら、見てもらう長さにもよりますが、1日2万円は必要です。2万円いただけるなら、仕事に行かずに勉強を教えます!と言いたいですが、受験生をお仕事で指導するのは責任重大ですから、会社員の方が気楽ですね。外注報酬が高額なのも仕方がありません。

受験生フォローは、勉強を教えたり、見たりする以外の雑務が非常に多いです。返却された復習テストを科目別にファイルし、間違えた問題に印をつけて、翌週もう一度見直しができるように付箋を貼る、毎朝の計算と漢字プリントのコピーを用意する、宿題の進捗確認、6年生であれば工作のような間違いノート作り、文具やコピー用紙が不足していれば発注する、お子様の機嫌を取るおやつも切らさないようにしながら、発見されるとご褒美にならないので隠し場所を定期的に変えるなど、それぞれのご家庭のルールを把握していない人にはできないことばかりです。下手な会社事務員よりもずっと高い管理能力と処理力が必要です。

おまけに、日々の家事全般(炊事、洗濯、掃除など)がもれなく必須でついてきます。お昼に弁当を持参するご家族メンバーがいらっしゃれば昼の弁当+塾の夜弁当も必要です。我が家は大人2人分の昼弁当(ぼんず君は中学から弁当持参になり、今は3個用意します)とほぼ毎日夜の塾弁当を用意しました。おかずがだぶらないよう、常に次何作ろうか?ばかり考えていました。受験を終えた今は、5種類のおかずが1週間ローテーションで回っています。毎日3個用意するだけでも私は偉いよ、というスタンスです。

中学受験の大変さは、お子様の学習内容が質・量ともに平均的な小学生をはるかに超えたものであることばかりが注目されますが、お子様の大変さと同じくらいに保護者様の負担も大きいです。成績を上位で維持できているお子様や、成績が急上昇したお子様の背景には、創意工夫を凝らした保護者様の存在があることが多いです。

お子様の勉強のペースメーカーになりつつ、家の家事も一手に引き受けて、お子様が喜びそうなお弁当を毎日(6年生の場合)用意して、中には日中仕事に出かける保護者様もいらっしゃいます。お仕事で得たお給料の大半はお子様のために使うことになります。

こんなしんどい役割は、いくらいただいても引き受けたくないですね。引き受けるとしたら、それは自分の子どものためだから。それだけです。我が家の場合は、残念ながら中学受験終了後も引き続きぼんず君の勉強を監督する役割が続いています。あと5年です。体が心配だったので、人間ドックに行きましたが、やや太り気味以外は問題なさそうで、一安心です。(なかなか痩せなくて困っています)

受験サポート中の保護者様も、年に1度の健康診断を受診しながら、誰も代わることができない大切な役割を担うご自身の身体を大切にしていただきたいです。保護者様が数日寝込んだけで、ご家庭は大混乱です。サポートが当たり前だと家族から感謝もされない時は悲しくなりますが、「合格発表の日」をイメージすると、心のモヤモヤも少し楽になりますよ。

コメント

error: Content is protected !!