2020-12

スポンサーリンク
(6年)入試直前特訓

[6年生]大晦日に入試練習を受けるお子様への対応

入試本番直前の模試で残念な結果となった場合、大切なことは①そこで諦めない②不正解の単元を再度見直す③お子様が前向きな気持ちになるようフォローすることです。諦めたら終わりですが、最後まで努力し続ければ奇跡を起こせるかもしれません。

中学受験_保護者様向け

公立中学校で身に付く素養と中高一貫校進学の利点

中学受験は義務でも必須でもありません。公立中学校だからこそ身に付く素養もあります。もちろん中高一貫校進学には多くの利点があります。どちらの進路でもお子様は未来を切り開くことができます。大丈夫です。

中学受験おすすめグッズ

睡眠の質を数値化する機器&アプリのご紹介

浅い眠りと深い眠りを計測し、自動で数値化する機器のご紹介です。睡眠管理と睡眠の質を向上させることは、お子様の学力アップの手助けになるだけではなく、お子様の生活向上にも役立てます。

中学受験おすすめグッズ

[受験会場必携品]年末年始に準備したいグッズのご紹介

受験会場で役立つ便利なグッズをご紹介します。機能性下着、筆記用具、小物の順に我が家が使ったものを中心に紹介します。合わせて試験当日の行動シミュレーションついても触れています。

(6年)入試直前特訓

直前特訓でのよくある困りごと・疑問をまとめました

直前特訓が始まってから出てくる困りごとに、自習室の利用、大量の宿題処理、資格のないコース参加者の勉強法が挙げられます。それぞれに対する回答をまとめました。

(6年)入試直前特訓

直前特訓で問題を解くよりも自宅学習の方が効率がよいか

直前特訓で連日長時間問題を解いたり解説を聞くよりも、自宅学習をしたいと考えるお子様や保護者様もいらっしゃると思います。基本的には直前特訓参加をおすすめしますが、自宅学習を検討してもよい場合をいくつか挙げました。

(6年)入試直前特訓

解き方の分からない問題と入試本番で向き合う練習方法(算数)

解き方が分からない問題を入試本番でどう対処するか。1問を解き始めてから終わるまでの思考を順にご説明します。上級向けの内容です。一例ですがご活用いただけると思います。

6年の勉強

[6年生]12月以降の自宅学習で意識していただきたいこと

6年生直前期に最も意識していただきたいことは、問題1つに費やす時間です。秒単位で計れるタイマーを常時手元に置いて、1問に必要以上に時間をかけずに、同時に丁寧に解いていくことを意識させてください。

(6年)入試直前特訓

直前特訓の活用方法と日曜志望校別特訓との違い

直前特訓はテスト中心のアウトプット形式の授業が続きます。本番に近い難易度の問題を時間を計って連日解くことで、実践力と感覚を磨くことができます。ご自宅で弱点補強する選択肢も可能です。お子様の進捗に応じてご判断ください。

error: Content is protected !!