6年☆入試説明会への参加計画を立てる際に押さえるとよいポイント

スポンサーリンク
中学受験全般
スポンサーリンク

6年生の保護者様は9月から非常に忙しくなります。9月、10月と中学校主催の入試説明会が一気に開催されるためです。入試説明会では、わざわざ学校まで来てくれた保護者様向けにとっておきの話を聞かせてくれる中学校が多いです。塾が中学校の先生をお呼びして塾で開催する進学説明会とは内容が異なる場合があります。

時間に余裕があるのでしたら、塾主催と中学校主催と両方の進学説明会に参加していただきたいですが、時間がない場合は中学校主催の説明会への参加を優先されることをぜひともおすすめします。

■多くの学校情報を入手できる塾主催の説明会

塾主催の説明会は、1回で複数の中学校の説明を聞くことができるので、受験をどうしようかな?と検討段階の学校や、少し気になる学校、興味のある学校の話をまとめて聞ける便利な機会です。無料(だと思いましたが、どうでしょうか?)ですし、いろいろな学校の先生のお話を聞くことで、気が付くことが多くあります。私は参加可能な塾主催の説明会は全部出席しました。

塾主催の説明会日程は、あらかじめプリントが配布されて、希望する回に印をつけて提出する必要があります。お子様のカバンの中をまめにチェックするか、お世話係さんに確認してもよいと思います。

また、説明会当日はとにかく混みます。ベストポジションで話を聞きたい私のような性格の保護者様は、開場少し前に到着されることをおすすめします。開始直前だと満席で、立って話を聞かなければなりません。メモが取れないので、早めに会場入りしましょう。

■学校主催の説明会は最優先で参加

中学校主催の説明会、特に受験予定の学校分は最優先で参加できるよう、手帳に予定を書き込んで忘れないようにします。ご注意いただきたいことは、事前の申し込みが必要かどうか、です。最難関校で事前申し込みが必要な学校は東大寺学園と西大和学園です。

東大寺は申し込み受付日が9月2日午前10時からと学校HPに案内されていることから分かりますが、非常に人気が高いので、枠がすぐに埋まります。土曜日午前の枠は開始日からすぐに満席になります。東大寺をご検討中の保護者様は、必ず9月2日の10時からパソコンの前に待機して、ご希望日を押さえてしまいます。西大和はホスピタリティあふれる学校なので(群を抜いて親切です)、定員オーバーで参加させないようなことはないと思いますが、日にちも迫っていますので、早めに申し込みしておくと安心です。

東大寺学園と西大和学園以外の最難関校は予約不要と各学校HPに記載されていました(洛南だけHPで情報を見つけることができませんでした)。私が確認したのは8月20日ですが、その後、情報が変更されるかもしれませんので、ご参加予定の保護者様は各学校のHPで詳細をご確認ください。

■最難関中の進学説明会日程と学校HPのリンク先

多くの中学校が上履きが必要であったり、参加は2名までなどの指定事項がありますので、ご確認ください。また、どの中学校の説明会も非常に混雑します。ベストポジション(どんだけベストポジションが好きやねん、と突っ込みを入れられそうですが、スクリーンの文字を正確に読み取るために前列を確保していました)で確実に着席するために、開場前に到着すると安心です。

中学校によっては、ロゴ入り文房具などの学校オリジナルグッズを販売するところもあります。第一志望校でなくても、ロゴ入りの文房具を欲しがるお子様は多いと思います。我が家も「西大和学園のシャープペンを買ってきてー」とぼんず君に頼まれて購入しました。誰かが持っていると欲しくなるようです。

さらに、中学校によってはロゴ入りグッズのお土産を配布されるところもあります。ロゴ入りのノートはとても嬉しかったですね。ぼんず君はいただいた学校のノートでその学校の過去問間違いノートを作り、入試当日にもノートを持参していました。

6年生は忙しいので進学説明会に参加するのは難しいと思います。5年生までのお子様もお忙しいと思いますが、この時期は多くの学校を見学できる絶好の機会です。憧れの学校を実際に訪問すると、やる気につながると思いますので、予定が許せばお子様とお出かけされるとよいですよ!

コメント