小5まで☆夏休みの予定の立て方

スポンサーリンク
中学受験全般

今週末には1学期の終業式ですね。あっという間に1学期が終わってしまいました。2月を起点にする進学塾方式で数えると、7月末で1年の半分が過ぎたことになります。7月21日から8月末までの約40日間は、小学校がなく、思う存分やりたいこと、やるべきことができる期間です。

小6は非常に過酷で、他の学年とは全く異なりましたので、小5までの

ぼんず君の予定の立て方をご紹介します。

我が家の勉強方針は復習徹底主義なので、長期休暇は記憶の穴を埋めることを最優先にしました。

予定の立て方は簡単です。

小4夏休みの場合、算数はスパイラル方式のため、難易度を上げた同一単元を秋以降に学ぶことと、最レ算数で同一単元の先取りを行うことから、小3の復習はしませんでした。

小4の2月から7月末までのマスターコースの復習を最優先にしました。ただし、国語は手つかずで、算数と理科のみです。算数は小4まではマスター優先、小5は最レ算数優先で復習しました。

具体的なやり方は、テキストを前から飛ばさないで全部解く

これだけです。これは簡単だから飛ばしていいや。などの取捨選択はしませんでした。ひたすら解くです。7月末でNo.24くらいまで進んでいるのでしょうか。1日1単元で間に合った記憶があります。

自宅で1人で宿題をするのは、ぼんず君には不可能なので、民間学童に朝から行ってもらいました。早目の昼食後、夏期講習に合流、そのまま21時までマスターの授業を受けて帰宅です。

夏は疲れ気味なので、帰宅後の勉強時間はゼロにはできませんが、短くしました。復テの見直し程度だったと思います。復テが100点だと何もしなくていいので、この期間は自由時間を作ろうと、特に復テを頑張っていました。

学童にいる間の時間単位で細かな予定は立てませんでした。1日分の教材を用意し、テキストは紛失や破損が怖かったので、全てコピーして、①、②とやる順番を書いて、1~2時間ごとに電話で進捗を確認しました。学童の先生にもさぼってないか確認の電話をしました。その日の勉強が終わったらおやつを食べて昼寝していたようです

勉強の優先順位は、①マスターの宿題、②夏期講習の宿題、③1学期の復習、です。学校の宿題の記憶はありません。多分、最低限の品質で完成、提出したと思います。読書感想文と工作は奥の手を使ったかもしれません。

文章で書くと、午前中は学童で自習、午後は夏期講習、夜はマスターコースと、1日中勉強しているようですが、実際は夏期講習は週3、マスターは週4なので、平日週1日は丸々休み、夏期のない2日は夕方まで学童にいました。

学童の先生には体を鍛えるオプションを依頼し、ランニングや室内での体操、縄跳びなど、意識して体力アップに努めました(が、怠け者なので多分熱心にやってませんぶー)。

自習はなかなか計画通りにいかず、1日何してたのかな(実際は相当怒りモードですムキー)という日もありました。マスターと夏期講習にきちんとついていけていれば、まずはOKだと思います。算数と理科の総復習が成功すれば、秋以降に成果が出ると思います。

それでも小5までの成績は、そのまま小6には当てはまりません。小6までに目標とする位置のスタートラインに立てていれば十分です。小6夏からのスパートに向けて、息切れさせず、親子喧嘩もしない方がずっと大切です。

小5までは授業の合間に2~3泊なら旅行にも行けます。我が家は毎年2泊程度の旅行をしました。復テや夏期テストの点数でホテルや食事のグレードを変えることで、ぼんず君のやる気を引き出しました。

体調第一で、貴重な時間を有効にご活用くださいニコニコ

コメント