中1☆我が家がLINEを禁止にした理由

スポンサーリンク
中学受験_日常生活
スポンサーリンク

今年1月に中学受験終了後、我が家は、これまで全面禁止にしていたLINEとスマホ使用を部分的に解禁しました。

解禁はしぶしぶです。進学塾、個別塾、科目特化塾などで一緒だった同級生の多くから、ぼんず君が連絡先交換を求められたからです。一人二人ではありません。非常に多くのお子様からです。皆さん、合格のご褒美にiPhoneなどを買ってもらったようです。TONEも人気でした。

ぼんず君は、私の型落ちスマホを自宅でWi-Fi接続し、時間を決めての使用でOKを出しました。そのため、外でLINEの連絡先交換は出来なかったものの、IDで検索してもらったようでした(私はLINEを使わないのでよく分かりません)。

しかし、LINEを解禁したものの、中学校に進学する前に、LINEは再び禁止にしました。

理由は2つ。1つは、ダラダラといつまでも会話のやりとりをしていたためです。「もう切り上げなさいプンプン」と私に言われて、スマホを置くのですが、常に誰かからブルブル通知がきていました。

受験が終わって、相当のんびりしているお子さんがいるなぁ、親御さんは優しいなぁと思いました。24時を過ぎても通知が届き、制限時間外に返事をしないと「付き合いが悪い」と書かれるようになったそうです。

元々、性格が無精なので、すぐに返事をするのが面倒になってきたようで、「アプリを削除したら連絡はこないし、止めたと分かるんじゃない?」と提案すると、「そうする。」との返答で、ぼんず君のLINE使用はあっけなく終わりました。

もう1つの理由は、実はこちらの方が親にとっては重大でした。それは、

出xい系サイトのリンクやアプリを紹介してくる子がいたからです。

小6ですよ!つまんないものを送ってくるなムキー、と怒り心頭でした爆弾ドンッ。音声、動画ファイル、画像など、あらゆるものも送られてきましたスマホ。ウィルスに感染して、端末を初期化したこともありましたメラメラ

頻繁に連絡の来る子とのやりとりの最中に、「ポイントって何ぶー?」と聞かれたので、すぐにぴんときて、そのアプリ(かリンク先)を紹介してきた子を親の権限でブロックしましたむかっ

その子は面識のある子で「ぼんず君からLINEの返事が全然来ないから『見て』と言っといて。」と言われたこともあります(ブロックされているのに気が付いてなかったようです)。

私の結論は、高校卒業まで、ぼんず君専用のスマホ端末は契約しません。電話はガラケーを持たせています。Y-mobileのPHSが2020年にサービス終了するので、2年後に何を持たせるか検討しなければなりません。

インターネットは、居間のパソコンか、型落ちスマホで見るのはOK。LINEは大人の私でも使わなくても困らないので、ぼんず君が社会人になってから必要なら使えばよいと思います。

LINEについては、小学生による非常に悲しくなる使い方をもう1つ見聞きしたので、この話はまたの機会にご紹介します。

コメント