6年☆お盆に第一志望校模試受験のおすすめ(他塾の試験でもOK)

スポンサーリンク
(6年)オープン・冠模試
スポンサーリンク

 本日は8月第1回目の日曜志望校別特訓の日です。浜学園の場合は7月から日特が始まりましたので、今日で3回目です。次回の8月第2回目までの計4回の復習テストと公開学力テストの成績をもとに、9月からのクラス替えが行われます。7月に納得のいく結果が出せなかったお子様も、8月に2回受けられる復習テストと8月公開学力テストの結果次第で、十分に挽回できるチャンスがあります。

M灘コースは別格ですが、最難関コースであれば復習テストで多少失敗しても、公開学力テストで3科偏差値62~65取れば、復テの失敗は帳消しできます。今週、来週、再来週と3連続で日曜日がつぶれますが、しっかりふんばってクラス維持(またはアップ)ができるよう、お子様を応援(監督)してあげてください。

夏休みの頃までは、お子様が憧れる中学校を第一志望校にして夏期講習や志望校別特訓を受講されるお子様が多いと思います。「今の成績では合格可能性は半分もないから、志望校を変更して、志望校別特訓のコースも〇〇中に変更してください」のような厳しい宣告を浜学園では実施されません

その一方で、合格見込みが薄いと塾の先生が判断したお子様に対して、上記のような宣告をされる大手塾もあります。コース内合格率を維持するためなのか、コース内の緊張を維持するためなのか(成績不振によるコース移動者が出ると、ギリギリのお子様は「次は自分が動かされるのではないか」と緊張します)は分かりません。

希望する中学校の受験を止めない塾と、確実に合格できそうな中学校の受験を勧める塾と、その両方ともがお子様を第一に考えていることが分かるだけに、あとはお子様の気質にあった塾で中学受験最後の学年を過ごせるとよいですね。

お盆の時期までにはおよその第一志望校を決める必要があることは、塾の進学説明会でもお話があったと思います。最難関校の受験を希望されるお子様に対しては、浜学園の場合は「灘中オープン」の受験が強く勧められます。男子の場合、全員受験するように指示されます。実際、全員が受験しているかは分かりませんが、8月は毎年300名以上の受験者がいることから、女子を除いて推定で公開学力テスト400~450位くらいまでの男子が灘中オープンを受験していると思います。

灘中オープンを受験すると志望校(灘中以外の中学校も可能です)の合格判定がAからEのアルファベットで成績表に記載されます。ただ、灘中オープンの問題は灘中入試問題を意識して作られているので、灘中志望のお子様以外には難しく感じられると思います。特に算数は、灘中以外の志望校の判定が正確にできるのだろうかと思われるような難しさです。

過去に灘中オープンを受験されたお子様であれば分かると思いますが、算数の平均点は極めて低く、10点台、20点台が続出します。国語は灘中独自の問題が出題され、オープンが解けても、灘中以外の志望校の問題が解けるかどうかは分かりません。

そこで私がおすすめしたいのは、他塾で第一志望校名のついた冠模試(例:甲陽プレ)を受験することです。浜学園以外の他塾で、中学校名の名前が付いた冠模試を実施する塾でいちばんに思う浮かぶのは「希学園」です。今年も多くの種類の模試がお盆の時期に実施されます

  • 8/15, 16:プレ甲陽学院中
  • 8/15:プレ神戸女学院、四天王寺、星光、洛星、六甲
  • 8/16:須磨学園実力テスト
  • 8/17:プレ東大寺、洛南

メインで通う塾のイベントや講義と重複していると思いますが、第一志望校が上記の中にある場合、メイン塾のイベントを少し中抜けしてでも、受験されることをおすすめしたいです。

希学園のプレ模試は、毎年問題が新作で、最新の出題傾向に即しています。難易度、構成も非常によく練られてあります。ネックは受験人数が少ないことです。プレ灘で100名前後だと思います。その分、返却までにかかる期間が短いです。浜と違って、すぐに返ってきますよ~。

浜学園の灘中オープンで成績上位に入ることは、M灘生と最難関コースの超上位生しか無理ですが、希学園のプレ模試であれば相性がよければ10傑に入ってしまうかもしれません笑。お子様が自信喪失気味で、やる気を持ってもらいたいと思われる場合、1つの選択肢にご検討いただきたいです。

申し込みの際に受付で根ほり葉凝り聞かれると思いますが、灘中志望以外は案外あっさりしているかもしれません。

今は、お盆の灘中オープンに向けて、志望校に向けて全力でがんばるのみです。オープンの結果返却後から、現実的な話をお子様とする必要が出てきます。ただ、今の時期にその話をする必要はありません。深刻な話は一度で済ませる、何度も同じ話をしないことが鉄則です。

早朝からの志望校別特訓への出発準備でお忙しい朝だと思いますが、元気にお子様を送り出してあげてください。朝出かける前の精神状態は、その一日の出来に大きく影響します。暑い中、重い荷物を持って出かける6年生みなさんが、持てる力を出し切れますように応援しています。

コメント