[集中力が途切れない]受験におすすめの筆記用具のご紹介

スポンサーリンク
中学受験おすすめグッズ

本日は、受験本番で使っていただきたい、おすすめの筆記用具をご紹介します。

■試験中に芯が折れると集中力が途切れることも

鉛筆からシャープペンに切り替えた時にいちばん起きる問題は、芯が折れることです。小学生は筆圧が強いので、0.5mm芯のシャープペンだと書いている途中で芯が折れてしまいます。

小学校高学年から最初に使い始めたシャープペンは、外見は鉛筆そっくりな木軸タイプのものです。色違いで4本ほどを常に筆箱に入れて、関西統一入試の時もこのシャープペンを使用しました。ただ、0.5mm芯は折れやすかったです。

折れた芯が机や床に散乱して引きずると黒い跡が付くだけでなく、芯が折れることで集中力が途切れる恐れがあります。特に、算数の計算や証明問題の途中、国語の長文問題をまとめている最中に、いい所で芯が折れて芯をカチカチと出し直すうちに、頭の中でまとめていた内容が飛んでしまうことがあります。

■木製以外の太芯シャープペンを購入しました

我が家は、北星鉛筆の「大人の鉛筆」という芯の太さが2mmのシャープペンを使っています。これは折れません。軸が木製でもあり、書いている感触は鉛筆とあまり変わりません。

ぼんず君は中学校入学後も大人の鉛筆を愛用していますが、この商品は少し難点があります。

それは、耐久性がやや弱いことです。木製なので、機軸と先端の芯が出る部分の境目に亀裂が入ってしまいます。亀裂が入ってもセロテープを巻いて使い続けていますが、見た目は今ひとつです。

また、機軸は使い続けるうちに汚れてくること、手汗の多いお子様だと汗シミが木軸に付くかもしれません。

最近、必ずしも木軸にこだわらなくてもいいのでは、と思い、金属製の2mmシャープペンを購入してみました。

■メタリックな外観がカッコイイ、男子好みのデザイン

ステッドラーシャープペン製図用2mm

ぼんず君が写真を見て「これ、これがいい!」と即決したデザインのシャープペンです。色はシルバーがあります。0.5mmの通常芯の同じデザインのシャープペンもありますので、太芯シャープペンをお探しの場合は、間違えないようにご注意ください。

使ってみた感想は、木軸シャープペンよりも適度が重さがあり、ずしっとした安定感があるそうです。指を置く部分はすべり止めデザインになっています。

ステッドラーブランドの太芯の替え芯もありますが、お値段が高かったので我が家は購入しませんでした。書き心地をご存じの方がいらしたらぜひ教えてください。

ぼんず君は、ステッドラーが高級文具ブランドであることを知らなかったので、「芯は何でもいい」とこだわりゼロでした。

■三菱uniデザイン、値段安いが構造に難あり

三菱鉛筆シャープペンユニホルダー2mm

安いです。軽いです。壊れたり、紛失しても、腹が立たない良心的な商品です。三菱鉛筆uniブランドは、高級鉛筆のイメージがあったので、1本購入してみました。

感想は。。。うーん、これは小学生にはあまりおすすめできないです。アマゾンのレビューにも書かれていますが、芯を押さえる機能が「ドロップ式」のため、ペンを下に向けてノックすると、芯がさーっと流れるように下に落下します。

そして、芯が粉々になったり、転がってどこかに行く恐れがあります。入試会場で芯が下に落ちて転がると、お子様は焦ること間違いなしです。 

芯が落ちないようにノックするには、親指で芯を押さえて、そっとノックする必要があります。小学生の男の子がそんな器用なことができるでしょうか。ましてや緊張している入試本番には無理でしょう。

自宅でこのペンを使うのはよいと思いますが、外で使用することは使用に慣れるまではおすすめできません。

uniのペンはあまりおすすめできませんが、替え芯はいいなーと思い、購入しました。

ケースがかっこいいです。芯1本1本に「三菱鉛筆uni」と文字が入っていて、ぼんず君は「字が入っているよ!」と大喜びでした。

■附属の芯削り器が素晴らしい大人の鉛筆

小学生にいちばんおすすめしたい太芯シャープペンは、大人の鉛筆です。集中力をそぐ無駄なデザインはなく、馴染みのある木軸、何よりも素晴らしいのは附属の芯削り器です。

太芯シャープペンは、芯の先をとがらすために芯専用の削り器が必要です。削り器セットで500円以下で購入できるのは、本当に良心的だと思います。

大人の鉛筆の難点は、木製ゆえの耐久性の低さですが、消耗品と割り切ればよいと思います。

表面に塗装されたものデザイン柄のタイプも販売されています。我が家が次に購入する時は、紺色を選ぼうと思います。

■替え芯は2B以上がおすすめです

太芯シャープペンの替え芯は、2mmのシャープペンを購入すれば、どのメーカーの2mm替え芯でも使用できます。

0.5mmのシャープペンではHBやBが一般的ですが、太芯シャープペンは2B4Bがおすすめです。鉛筆に近い書き心地になります。

6年生のお子様向けに試験で使用する目的で購入される場合は、ぜひともできるだけ早く購入されることをおすすめします。慣れるまでに少し時間がかかると思いますので、入試演習や復習テストを受ける際にまず使っていただきたいです。

新しい筆記用具で、気分一新を図ってみませんか?

コメント

  1. ようよう より:

    いつも 貴重な情報ありがとうございます。
    息子(小学3年生)は、コクヨのキャンパスジュニアを使っています。
    2B 0.8mmの芯を入れてます。
    軽くて持ちやすい様です。
    ただ、筆圧が強く 芯がひっこんでしまう事があります。折れる事はないです。参考までに コメントさせていただきました。

    • bonzukun_mother bonzukun_mother より:

      こんばんは。コメントありがとうございます。
      ブログが6年生仕様になり、コメントする余裕がありませんでした。
      申し訳ありません。8mmとかいろんな太さの芯があるのですね。
      年末年始に文具専門店に遊びに行きがてら、カッコイイ筆記用具を
      ぼんず君を探索に行く時の参考にさせていただきます。
      情報ありがとうございました!

error: Content is protected !!