中1☆中高一貫男子校生の冬休み一例

スポンサーリンク
勉強_中1

小6保護者様に向けた記事が続きましたので、本日は、我が家のぼんず君を一例にして、中高一貫男子校生の冬休みの過ごし方をご紹介します。

12月中旬までに期末考査が終わった後は、事実上の冬休みに入ります。以前の記事でご紹介した、「管理型」の中学校の中には、冬休みが年末年始だけの短い学校もありますが(夏休みはお盆の3日間だけで、あとは全て学校で講習があるようです)、ぼんず君の学校では、ゆるい冬期講習が短期間実施されるだけです。

この講習は、期末考査の結果が芳しくなかった生徒さんが指名されて参加する授業や、任意参加の授業がありますが、それも日中の早い時間で終わります。

期末考査の成績が返却されて、終業式を終えると、冬休みです。

ここから先は自由です! と言いたいですが、結構な量の宿題が課されます。ぼんず君は年内に終わらせようと(昨年はガキの使いが見られなかったので、今年の大晦日はのんびりしようと決めているようです)真面目に勉強していましたが、今朝の時点ではまだ全部終わっておりません。

「バランス型(自由型)」の学校は、中学校による拘束が少ない分、生徒さんが自分で勉強する必要があります。自主的に勉強することが苦手、カリキュラムを用意してもらって、それに従う方が楽、中学校に入ってからも保護者様はヤイヤイ注意したくない。

上記に当てはまる場合は、管理型の中学校が向いているかもしれません。バランス型の学校は、本当に放任というか、よほど成績がひどいことにならない限り、注意もされません。

ぼんず君は、中1の4月から塾に通っていますので、12月29日までは冬期講習や通常授業のため、毎日通塾していました。年明けにクラス替えの大きな試験があるので、冬休み中にこれまでの総復習をする計画を立てて、真面目に勉強しています。

塾の進度は、英語は学校と少し異なるため、二重で勉強をしているところがあり、学校と塾の両方の準備は大変なようです。しかし、浜学園に通っていた頃よりも、確実に自主的に、真面目に勉強しています。

中1の塾の科目は英語と数学だけなので、まだ私が教えることができます。これに物理や化学が加わると、もう教えられないと思います。中学校の物理と化学は、2学期以降は内容が難しすぎて教えることができなくなりました。

これまでの記事の内容だと、ぼんず君は勉強ばかりしているような雰囲気ですが、全くそんなことはありません。相変わらず、電車の写真を撮りに出かけたり、クラブ活動に力を入れたり、夜は鉄道年鑑や鉄道博物館の本を読んでいます。

小学校時代と時間の使い方が変わった点は、

気分転換に「文字の」本を読むようになりました。

ラジオがお気に入りになりました(我が家は引き続きテレビなしのためです)。今は、浜村淳にはまっています(何歳やねん、と突っ込みたくなります)。

ぼんず君の毎日を見ていると、「自由で、恵まれていて、イイネ」という気持ちになります。

小6の皆様が、志望校に合格されて、のびのびとした中学生活を送れるよう、応援しています。明日の大晦日も記事を更新する予定です。よかったら、のぞいてくださいね。

コメント