(6年)入試直前特訓

スポンサーリンク
(6年)入試直前特訓

[中堅~難関校向け]入試直前のおすすめ自宅学習

中学受験直前期のおすすめ自宅学習内容を中堅~難関校向けに絞って、3項目に分類してご紹介します。①直前特訓教材②最後の総復習③過去問対応:どれも大切ですが、お子様の仕上がりに応じてご活用ください。

(6年)入試直前特訓

[6年生]大晦日に入試練習を受けるお子様への対応

入試本番直前の模試で残念な結果となった場合、大切なことは①そこで諦めない②不正解の単元を再度見直す③お子様が前向きな気持ちになるようフォローすることです。諦めたら終わりですが、最後まで努力し続ければ奇跡を起こせるかもしれません。

(6年)入試直前特訓

直前特訓でのよくある困りごと・疑問をまとめました

直前特訓が始まってから出てくる困りごとに、自習室の利用、大量の宿題処理、資格のないコース参加者の勉強法が挙げられます。それぞれに対する回答をまとめました。

(6年)入試直前特訓

直前特訓で問題を解くよりも自宅学習の方が効率がよいか

直前特訓で連日長時間問題を解いたり解説を聞くよりも、自宅学習をしたいと考えるお子様や保護者様もいらっしゃると思います。基本的には直前特訓参加をおすすめしますが、自宅学習を検討してもよい場合をいくつか挙げました。

(6年)入試直前特訓

解き方の分からない問題と入試本番で向き合う練習方法(算数)

解き方が分からない問題を入試本番でどう対処するか。1問を解き始めてから終わるまでの思考を順にご説明します。上級向けの内容です。一例ですがご活用いただけると思います。

(6年)入試直前特訓

直前特訓の活用方法と日曜志望校別特訓との違い

直前特訓はテスト中心のアウトプット形式の授業が続きます。本番に近い難易度の問題を時間を計って連日解くことで、実践力と感覚を磨くことができます。ご自宅で弱点補強する選択肢も可能です。お子様の進捗に応じてご判断ください。

(6年)入試直前特訓

直前特訓に参加すべきかお悩み中の保護者様/超最難関校志望のお子様&保護者様へ

直前特訓参加か自宅学習での弱点補強のどちらがよいかをお悩み中の方がいらっしゃるかもしれません。私は直前特訓参加を推しますが、大切なのはお子様に必要な学習内容が何であるかで判断することです。

(6年)入試直前特訓

[中学受験]奇跡の合格を勝ち取る上で支えとなる要素

中学受験で奇跡の合格を勝ち取るお子様は、どのコースでも毎年見られます。奇跡の合格を支える要素は何であるかを考えてみました。今からでも出来ることばかりです。

(教材)国語

小6☆直前特訓はじまりにあたって/小1~5☆冬休み期間の国語おすすめ問題集

小6の皆様は、いよいよ今日から直前特訓が始まります。保護者様に確認いただきたいのは、所属する直前特訓コースはパート2でクラス替えがあるかどうかと、今のお子様のクラスが何組であるかです。 私は直前特訓初日からぼんず君を塾まで送り迎えし...
error: Content is protected !!