(6年)入試直前特訓

スポンサーリンク
(6年)入試直前特訓

直前期~入試前日までのお子様サポート(学習/精神面)

入試直前期は仕上がりが順調であれば保護者様が出来ることは食事の準備とコピー取りくらいしかありません。仕上がりがギリギリの時は褒めて元気づけながら最後までお子様を盛り上げてあげてください。
(6年)入試直前特訓

小6☆正月特訓を受けないお子様におすすめの自宅学習

進学塾の正月特訓に参加されずに自宅学習をされる小6受験生が、三が日に取り組むべき優先課題を3つご紹介します。自信のない単元を見返す最後の機会でもあります。合わせて、生活上での注意点もまとめました。
(6年)入試直前特訓

直前特訓に参加するなら塾を信じてついて行く&ご質問への回答

冬休み以降の中学受験対策小6直前特訓では連日複数の復習テストや実力テストが実施され、大量の演習テキストや宿題が課せられます。あまりの多さにプリントに埋もれがちになり、直前特訓を休んだり、間引いた方がいいのではと悩まれる保護様に向けた記事です。
(6年)入試直前特訓

直前特訓でのよくある困りごと・疑問をまとめました①

直前特訓が始まってから分かる困りごとに、自習室の利用、大量の宿題処理、資格のないコース参加者の勉強法が挙げられます。それぞれの簡単な回答をつけてまとめました。
(6年)入試直前特訓

直前特訓が「私語厳禁」を始めとする厳しい運営になる理由

直前特訓では「私語厳禁」を始めとする厳しいルールが導入されますが、実際は超上位校コースを除けばそこまで厳しくはありません。他のお子様に対する迷惑行為に対しては厳しく対応されます。皆勉強に来ているので当然です。
(6年)入試直前特訓

[6年生]入試本番で解き方の分からない問題とどう向き合うか(算数)

入試本番で解けない、解き方が分からない問題をどう対処するのがよいか、1問を解き始めてから終わるまでの具体的な思考を順にご説明します。上級向けの内容です。一例ですがご活用いただけると思います。
(6年)入試直前特訓

[6年生]直前特訓の参加目的と参加すべきかをお悩み中の方へ

直前特訓参加か自宅学習ので弱点補強のどちらがよいかをお悩み中の方がいらっしゃるかもしれません。私は直前特訓参加を推しますが、大切なのはお子様に必要な学習内容が何であるかで判断することです。
(6年)入試直前特訓

日曜志望校別特訓と直前特訓の最大の違いとは?

直前特訓はテスト中心のアウトプット形式の授業が続きます。本番に近い難易度の問題を時間を計って連日解くことで、実践力と感覚を磨くことができます。よほどの問題がない限りはぜひ参加していただきたいです。
(教材)国語

小6☆直前特訓はじまりにあたって/小1~5☆冬休み期間の国語おすすめ問題集

小6の皆様は、いよいよ今日から直前特訓が始まります。保護者様に確認いただきたいのは、所属する直前特訓コースはパート2でクラス替えがあるかどうかと、今のお子様のクラスが何組であるかです。 私は直前特訓初日からぼんず君を塾まで送り迎えし...