算数☆おすすめ教材「力の5000題」

スポンサーリンク
(教材)算数

塾の教材と復習テストに次いで、長い間愛用した問題集、「力の5000題」(算数)をご紹介します。

A5版サイズ、自由自在のような分厚い問題集です。残念ながら絶版で、私もアマゾンで購入しました。

いくつか版がありますが、古い版(赤い屋根の家のイラスト)のものでも大丈夫です。中身はほぼ同じです。

中古購入の際、別冊解答が付いているものをお選びください。解答なしで出品されている本が多いです。

活用方法は無限大です。復習テスト対策であれば、塾のテキストを2巡解いて、テキスト問題は大丈夫な場合の次の段階で活用します。

テキストを答えも覚えてしまうくらいやり込んだ場合、力の5000題から類題を探します。問題をコピーして、目の前で1問5分で解かせてみます

固まらず、途中過程も飛ばさず、丁寧に解けたら、応用力がついていることが実感できます。その回の復習テストはベストに入れるかも爆  笑

力の5000題を使うようになって分かったことは、塾のテキストの問題の多くが、どこかの中学校の入試問題であることです。

力の5000題は、中学入試で実際に出題された問題で構成されています。塾のテキストと全く同じ問題や数値替えの問題が力の5000題で多く発見できます。

中には全く同じ問題もあります。テキストをやり込むと、同じ問題をすぐに発見できるようになります。

公開学力テスト対策には復習テストの見直しがいちばんいいと思いますが、長期休暇中の総復習として、力の5000題からいくつか単元を選んで問題を解かせるのもよいと思います。

我が家は、塾のテキストも力の5000題も問題や答えを覚えてしまうくらい何度も繰り返して解かせました。小5の中頃までずっと愛用しました。

小5以降の愛用テキストは、別の機会にご紹介しますニコニコ

コメント

error: Content is protected !!