小6☆直前特訓でお子様が最も楽しみにしていること。

スポンサーリンク
小6受験生対応
スポンサーリンク

小6の皆さんは、今日で直前特訓3日目ですね。テストと講義の繰り返しが、本番に向けての試験慣れ(時間配分と問題取捨選択)とさらなる学力アップにつながります。保護者様の明るいサポートがお子様の支えになります。

今日は、昨年12月の直前特訓の期間に、ぼんず君がいちばん楽しみにしていたことです。

それは、もちろん「食べること」!

これしかありません。睡眠時間は限られて、自由はゼロで、塾にいるか、家で寝るだけの生活です。そんなぼんず君が、朝起きた瞬間からテンションが上がるように、朝食のパンから日々豪華になっていきました。パリパリのクロワッサンが、ぼんず君のお気に入りでした。

この時期、私は食費のストッパーを外しました。もういくら使ってもいい。ぼんず君が「ごはん美味しい!がんばるよ」と目を輝かせるものを出し続けようと決めて、連日、浜学園近くのショッピングモール内の百貨店で買い物しました。

これまでの人生で最もデパ地下で買い物をしたと思います。フロアマップが書けるくらいに通い詰めました。

閉店間際のデパ地下は、ケーキや総菜、お弁当が3割引き以上で売られることを知りました。これまで、そんな遅い時間にデパ地下に行ったことがなく、知らなかったのです。ぼんず君を迎えに行く少し前に、閉店間際のデパ地下に寄って、普段なら絶対に買わないケーキやパンを毎日買うのが日課になりました。

帰宅後のぼんず君は、豪華なデザートを勉強の供にしました。一生分の贅沢をした気分です。ぼんず君のやる気は、食べ物で何とかつなぎ止めたと思っています。今でも、「去年の12月は毎日美味しい物を食べたね」と話をします。

毎晩夜遅くにケーキや総菜を食べ続けた結果、ぼんず君は帰宅後も毎晩やる気で勉強してくれましたが、ぼんず君も私も、みるみる急激に太りました。増加分は、2人とも2~3キロではありません(もっともっと!)。

ぼんず君は、その後、1年間で15cm以上身長が伸びたので、体重増加分は帳消しできましたが、問題は保護者の私です。仕事も辞めて無職のため、痩せる要素がありません。

体重増加を帳消しできないまま、卒業式、入学式が近づきました。着れるスーツがない! 顔も自分が思っている形でない!

結論

これまで経験したことのないような贅沢な食事は、お子様のやる気を引き出せる(かも)

お子様と一緒に夜食を食べ続けると、保護者様は確実に体重が増加します。戻すのは至難の技です。

今年は、大晦日もお正月もなしで、お子様は勉強漬けになるのですから、多少の贅沢はいいと思いますよ。

コメント