塾の先生が厳しいこと(本当のこと)を言わない理由

スポンサーリンク
小6受験生対応

■12月公開後に6年生の教育相談依頼が増えます

今年最後の公開学力テストが終わりました。6年生のお子様は自己採点を終えて、明日午後2時からの成績発表を待つばかりです。お子様はいろいろな言い訳をするかもしれませんが、12月公開の結果は今のお子様の実力です。

明日の成績を踏まえて、やはり志望校を見直そうとか、いや志望校は最初から決めていて変えません、と初志貫徹するかは、それぞれのご家庭が判断することで、浜学園の場合は志望校の誘導は一部の超上位層を除いては行われません。

公開3科や4科の偏差値が、受験したいと思う中学校の志望校別特訓コースの参加基準に届いていない場合、合格の可能性は非常に低いです。それでも、浜学園の場合は12月下旬から実施するコース別の直前特訓では資格基準をとっぱらい、希望者は先生と相談の上で誰でも参加できます(やり方が変わった場合はぜひ教えてください。記事を修正します)。

■最後の公開結果が振るわなくても厳しいことは言われません

第一志望校をどうしても諦めることができない、7月からの志望校別特訓に一度も参加することができなかった、12月公開学力テストの結果もやはり資格偏差値に届かなかった、それでも、直前特訓は志望する中学校のコースに参加したい。

そう思われる保護者様とお子様は、参加前におそらくコースの先生と面談されると思います。その際、おそらくあまり厳しいことは言いません。

「合流しても合格の可能性はまずないから、参加コースを見直した方がいいですよ」などの現実的で、夢を壊すような言い方はまずしないと思います。

■我が家は例外でビシバシ真実を言ってもらいました

では、先生方は何とおっしゃるのかと言いますと、おそらくですが、「今からコースに合流されても関らず志望校に合格できるとは申し上げられませんので、確実な併願校を何校か受ける準備をしてくださいね。」のような、柔らかい物言いだと思います。

私は包み隠さず本当のことを伝えてほしい方なので、「怒らないですから、どうぞ本当のことを教えてください」と先生との面談では毎回お願いしていました。それで、4、5年生の時のぼんず君は塾でたいそうはじけていたことが判明したわけです。

塾の先生方から、ぼんず君のろくでもない行動や言動の数々を大笑いしながらお聞きすることが多かったですが、カンニングやずる休みをするわけではなく、成績不振でもなく、「廊下を走らないように注意します」「サルみたいに騒がないように言い聞かせます」「寝ないように注意します(国語)」のような話ばかりで、和気あいあいとした教育相談でした。

■教育相談での伝え方は難しい…by先生

これが6年生12月の教育相談で、成績が下降気味であるとか、コース資格の話をずばりしてしまうと、三者面談の場でお子様が泣いてしまうかもしれません。今の成績が現実であり、お子様が頭の中で描く自分と実際の成績の差を見せつけられた結果の涙でしょうが、お子様の涙を見た保護者様から塾に「子どもなんだから言い方を考えてほしい」などとクレームが入るかもしれません。

先生は合格可能性の低い中学よりも、確実に合格できそうで、しかもお子様の気質に向いてそうな中学校を調べて教育相談の準備をされていると思います。統一入試日初日は実はいちばん合格が取りやすい日で(男子の場合、灘中と甲陽は除きます)、できれば初日に合格が取れそうな学校を勧めたいのですが、なかなかズバッとは言いにくい事情があります。

そんな中で、ずばっと事実を伝えてくれる先生と教育相談で遭遇された場合、受ける印象は良くないかもしれませんが、ありがたい先生と解釈していただきたいです。

私が見聞きした塾の先生で、そのものずばりな物言いをされる先生は数名しかいらっしゃいません。浜学園ではありませんが、中には本当のことを保護者様に伝えたばかりに、相手から恨まれてしまうケースも過去にあったようですが、詳細を書くことは控えます。

成績や合否結果が期待しているものと違う結果となったとしても、その責任を塾に押し付けても、結果は変わりません。先生方は日曜日、大晦日、正月以降は休みなしで統一入試まで毎日授業を続けながら生徒たちの指導を続けられて、塾としてできる最大限の指導を提供されています。

合否発表後に塾にクレームを入れる保護者様は、その姿をお子様は見ています。ぼんず君なら「自分のせいだから、人を責めるのは止めて」と言うだろうなと思います。出来は今ひとつですが、人のせいにしないところは立派です。

6年生の受験直前期に塾の先生方にアドバイスを求めても、マイナスの内容であれば必ずしも本当のことを伝えてもらえないことが多いことをお含みの上で、先生のアドバイスを聞かれるとよいと思います。

コメント

error: Content is protected !!