首都圏の4大受験塾の特徴と選択ポイント(+関西大手受験塾編)

スポンサーリンク
中学受験_保護者様向け
SONY DSC

本日はプレジデントオンラインの記事『首都圏の4大受験塾は「親が子をみられる時間」で選びなさい』をご紹介します。首都圏の4大受験塾(サピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミー)の特徴とお子様に合った塾の選び方をプロ家庭教師集団「名門指導会」代表の西村則康氏と教育専門家の小川大介氏が解説する内容です。

後半では、記事の内容を関西の中学受験進学塾に当てはめて、塾の特徴と塾の選び方ポイントをまとっました。


 

中学受験対策の大手塾は数多くありますが、その中身は様々で、それぞれに特色があります。また、大手塾にさえ通わせていれば合格は確実というわけでもありません。大手塾のカリキュラムは受験には有効ですが、それは、お子さんにとってその塾のやり方や環境がマッチしていた場合であり、逆にミスマッチだった場合は、その効果が表れないだけでなく、塾が原因で勉強嫌いにさせてしまう恐れもあります。

では、各大手塾にはどんな特徴があるのでしょうか? 首都圏の四大受験塾のそれぞれの特徴を見ていきましょう。

■SAPIX:成績上位2割に合わせた授業進度

御三家をはじめとする難関校への合格実績が最も高い塾。そのため、偏差値の高い、いわゆる“いい学校”へ入れたいと思う親の多くが最初に検討する塾です。しかし、授業は成績上位2割に照準を合わせて進められるため、処理能力が高い子は伸び、そうでない子はなかなか浮上できず、挫折感を味わうこともあります。

テキストも上級層向けのため、中位層以下の子どもは授業についていくのが難しいこともあります。2019年に5年生のテキストが改訂され、解説が詳しくなり使いやすくなりましたが、6年生のテキストが改訂される気配はありません(2020年4月現在)。 また、同種の問題でも、5年生のテキストと6年生のテキストの解法に違いがあったり、同学年のテキストであっても、『デイリーサポート』と『デイリーサピックス』で解法が違っていたりします。

上位層の生徒は多くの解法を知り、それを使い分けることで学力を高めていくことができます。しかし、中位層以下の子にとっては、それが混乱する原因になっており、注意が必要です。

入塾するには、4年生の段階で、例えば計算なら1年先のものまでできるようになっていないと、授業についていけません。優秀で精神年齢が成熟している子は、塾での学習だけで伸びていきますが、そうでない子は家庭学習で家族の必死のサポートが必要になります。そういう点では、子どもの能力差で家族の負担度に大きく差のつく塾と言えます。

■日能研:まじめにコツコツ学習する子向き

成績上位の子に限らず、どんな子でも受け入れてくれる、間口の広い中学受験専門の塾。特に中堅校に強い塾です。中学受験に必要な知識を満遍なくカバーし、一定のペースで進めていきます。比較的宿題が少なく、同じ問題を何度もじっくり考えさせる傾向があるので、大きく落ちこぼれる子は少ないですが、他塾に比べて類題演習が少ないため、解法や知識の定着には工夫が必要になります。

4~5年生のうちに1週間の学習リズム(本書の3章「平日&週末の対策」参照)を作り上げられるかどうかによって、親の負担が変わります。「学習力育成テスト(旧カリテ)」や「公開テスト」が来るたびに慌ててテスト勉強をするタイプの子はテストの成績も不十分で、そのテスト直しに時間が取られ、次のテストに向けての勉強ができないという悪循環に陥ってしまいます。

6年生になるとテストの回数が増えるため、毎週の勉強が全く回らなくなってしまう場合もあり、その際は親の負担が大きく膨らみます。まじめにコツコツと学習して、以前に学んだことをきちんと覚えていられる子に向いている塾です。

R4偏差値(日能研が主催する公開テストの合格可能性数値)など提供されるデータは多いのですが、過去の数値に引きずられている面もあるように感じます。日能研のデータだけで判断するのではなく、他塾のデータも参照したほうがいいでしょう。“是が非でも御三家”というなら、SAPIXの選択肢も考えておく必要があるでしょう。

■四谷大塚:教材の高い完成度に定評

小規模の準拠塾が多数あるため、テストの母集団には非常に優秀な上位層から中堅~下位層まで、幅広く在籍しています。自社制作のテキスト『予習シリーズ』は完成度が高く、以前は中堅~下位層でも質の高い学習ができていました。

しかし、近年、カリキュラムが変わって、難易度と進行速度が大幅に上がったため、上位層クラスでなければ教材内容を十分に習得することが難しくなっています。首都圏で子ども時代を過ごした親世代にとってはなじみのある塾とも言えますが、一昔前のイメージとは大きく変わっていることを心得ておきましょう。

SAPIXに比べると、テキストがまとまっていることや、クラスによって使う内容が決められているため、親が関わらなければいけない部分は少ないでしょう。ただし、週例テストが4年生から毎週あり、カリキュラム進度が速くなったことで負担は増えています

■早稲田アカデミー:学習量と反復学習を重視

原理原則の理解から思考を深めていくのではなく、一問でも多くの問題を解くことによって考え方や解き方に慣れさせようとする傾向がある塾です。くり返し学習することで身に付く子には向いています。解いて覚えるだけなので学習方法としては分かりやすく、親の管理が楽であるという面もありますが、納得しないと先に進めないタイプの子どもの場合は、戸惑ってしまうこともあります。

早稲田アカデミーといえば、宿題の多さで有名ですが、圧倒的に多かった宿題は減りつつあります。ただし、宿題をやったかどうかのチェックの厳しさは維持しています。

テキスト編成は、これまでは『予習シリーズ』+『ダブルベイシック』でしたが、学年やクラス帯によっては、『ダブルベイシック』が『錬成問題集』や『COMPASS』に変わっています。テキストの難易度の差が大きいので、使い方には注意が必要です。

学習量やくり返し学習を重視するタイプの塾であることは変化していません。そのために、理解や納得を伴わない“丸暗記学習”の癖がつきやすく、5年生の半ばあたりから成績が伸び悩む子の比率が高まる傾向にあります。

また、校舎長の権限が強く、校舎ごとの合格実績に差が出やすいという特徴があります。実際に校舎に足を運んで、掲示されているその校舎の合格実績を調べたり、直接聞くなどして、子どもが通う校舎の合格実績に注意しておく必要があります。

■お子様の気質を理解した塾選びが重要です

そもそも塾は何を基準に選べばよいのでしょうか?塾は勉強の内容を教えるところであって、子どもの能力を伸ばすのは塾の役割ではありません。あくまで「子どもが自ら伸びる環境」として塾を選ぶべきなのです。そのためには、子どもの学力と性格をしっかり見極める必要があります。

塾選びを成功させる最大のポイントは、わが子の特性をできるだけ正確に把握することです。 例えば、学力面で言えば「計算力・暗記力・集中力」の有無など、性格面で言えば「気が強いか否か」といった点で、どんな塾と相性がいいかがおおまかに分かれてきます。

SAPIXや日能研のようにテストの成績で生徒を競わせて鍛えようとする塾は、勝ち気で、自尊心の強い子に向いているでしょう。逆に、慎重な子、まじめで言われたことをコツコツこなせる子には、四谷大塚や早稲田アカデミーが向いていると言えます。

塾を選ぶときは子どもの性格を考慮することに加え、自分の家が求めている役割を果たしてくれるのはどこかという視点で選ぶことも重要です。例えば、子どもと一緒に過ごす時間が少ない家庭は、宿題チェックを親がやるのか、塾がやるのかで、親の負担が変わってきます。

宿題チェックを親がしなければいけない塾しか選択肢になければ、宿題が比較的少ない塾を選ぶといいでしょう。 宿題のチェック程度ならできるけれど、勉強を教える時間まではないという家庭は、勉強のやり方をしっかり教えてくれる塾を選ぶようにしましょう。

親ができないことをプロに頼むという考え方で、賢く塾を活用するのです。誰が何をするかという役割を明確にし、親と塾で子どもをサポートする。それが中学受験の理想の形なのです。(記事終わり)

■SAPIXのプリントテキストに驚き

関東では最大手のSAPIXも関西ではメジャーではありません。それでも教材の内容が気になって一度だけ見学に行ったことがあります。教材を見せてもらっていちばん驚いたのは、冊子のテキストではなく、すべて1枚ずつがバラバラになったプリントを使用することです。

分厚い専用のバインダーに綴じて保管するようですが、この管理は恐ろしく大変だろうな…と思いました。復習テストをNo.1からNo.43くらいまでの1年分の問題と解答を全科目欠損なしに保管するのは仕事並みの高い管理能力が求められます。それにテキスト用プリントの管理までは私にはできません。

SAPIXに通われるお子様の保護者様は、どうやってプリントを管理されているのか気になります。ただ1つだけプリント教材の利点を挙げるとすれば、すべてのプリントをスキャンしてデータベース化すれば、パソコンでキーワード検索が可能になることです。

理科と社会は4年生から6年生までのテキストをデータベース化すれば、調べたいことがキーワード入力だけで一瞬で検索できます。社会は歴史は年代順、地理は地域別に掲載されているのでテキストから探すことは難しくありませんが、理科の細かい知識(例:ヒキガエルの卵が産卵される場所)はパソコンで検索出来たら便利だろうな…と何度も思いました。

関東圏の進学塾の分類を関西圏の塾に当てはめるとどうなるでしょうか。私がコメントできるほど知っている塾は2つしかありません。

■浜学園

  • 関西最大手。関西圏に数多くの教室が存在し、校舎数、生徒数、合格者数のどれを取っても関西ナンバー1。
  • 幅広いタイプのお子様が在籍。
  • 宿題の量は多く、授業進度は早い。
  • テキストの難易度・質ともに高い。
  • 宿題を提出しなくても厳しく注意されないなど面倒見は今ひとつのため、保護者様の自宅学習フォローが必須。
  • 保護者に対するアプローチも少ない。
  • 適度な距離のある放置系が好みの親子向け。
  • 上位層が厚く、一定より上の成績を取ることが難しい。
  • 毎週のテストでお子様を競わせてクラス全体の学力を底上げする気質。
  • 受け身、指示待ち、競争が苦手なお子様には向かない側面もある。

■希学園

  • 小人数クラスできめ細かな指導とフォローが売り。
  • 授業後にそのまま居残りで宿題を終わらせて帰宅するので、保護者様の学習フォロー面での負担は軽減される。
  • 先生は熱血で熱い印象。
  • 夏の泊まり合宿(6年生)や定期的な保護者面談、電話連絡などの手厚いフォローがある分、月謝が高額。
  • 6年生は基準偏差値に届かないと志望校別特訓のクラスを変更するよう示唆される。その分、中学校ごとの合格率は他塾よりも高い。
  • 国語のテキストは良質。算数は志望校別特訓のコピーテキストはよく練られた内容ですが、平常授業のテキストは単元や問題の掲載順序など、浜のテキストを参考にしてほしい。上位層以外は使いこなせない可能性あり。

■中学受験向けの進学塾選択ポイント

記事の内容と重複する項目もありますが、我が家に下に兄弟姉妹がいると想定して、進学塾を選択するポイントをまとめます。優先順位が高いと思う順に記載します。

①成績を競争することにお子様が向いているか

大手進学塾の多くは毎週の復習テストや毎月の公開テストの結果をもとに定期的なクラス替えや席替えが行われます。クラスと席順を見ればお子様の成績が一目で分かり、子ども同士でも所属クラスが原因の小競り合いが起きることがあります。

復習テストは受講科目の数だけ毎週受けるので、算数・国語・理科を受講する場合は週に3回テストがあります。毎回上位のお子様を発表する塾や、毎月の公開テスト結果を廊下に掲示する塾もあります。

お子様が頻繁なテストや結果をクラス内で競い合うことに向いているかどうかをご判断ください。お子様の気質によっては個人経営の小規模塾の方が合っていることもあります。

②宿題や復習テスト対策のフォロー

お子様の宿題や学習フォローを保護者様が対応できるかどうかも重要なポイントです。塾で居残り時間の設定があり、宿題を終わらせて帰宅することが魅力的であれば、対応可能な塾にお任せしましょう。小規模塾でも宿題フォローは可能かもしれませんが、使用教材の確認が必要です。

保護者様が毎日自宅学習のサポートが可能な場合は、どの塾でも選択できます。

③第一志望校の合格者人数

進学を希望する中学校に多くの合格者を出す塾であれば、その中学校の入試対策や受験ノウハウが蓄積されています。6年生で受講する志望校別特訓のテキストも入試対策に即して定期的に更新されているでしょう。

塾の規模が大きくても進学希望の中学校への合格者が少ない場合は、志望校別特訓の授業がなかったり、どの程度の学力をつければより合格の可能性が高くなるかを、塾の先生が正確にアドバイスすることが難しいです。

5年生までの志望校はあてにならないことが多いので、6年生2月時点での成績で志望校候補をいくつか挙げていただき、所属する塾で志望校別特訓のコースが編成されているかをご確認ください。

学校名がついた志望校別特訓ではなく、「男子難関中コース」など大雑把なくくりのコースしかない場合、そのコースは12月からの直前特訓内容が志望校の入試に直結しない可能性があります。

④自宅からの所要時間

自宅からできるだけ近い方がよいです。通塾時間も積み重ねれば大きくなります。ウェブ授業であれば通塾時間分を短縮させることができますが、復習テストでクラスの他のお子様と競争することができません。入塾にあたり授業内容でお悩みの場合、ウェブ授業は参考になりますが、動画の先生に教わることになるかはご確認ください。

入塾前にテキスト内容の確認、ウェブ授業の閲覧(可能な場合)、体験授業の申込は非常に役立ちます。夏期講習などの季節講習も塾の授業や先生の気質の判断材料になります。せっかく塾に通い始めるのであれば、お子様に合った塾を選んであげたいものです。

コメント

error: Content is protected !!