全学年☆お子様に「勉強するしかないな」と思わせる効果的な方法

スポンサーリンク
中学受験_保護者様向け
SONY DSC
スポンサーリンク

10連休のGWも、残りあと3日になりました。あっという間に7日間が過ぎ去りましたが、予定通りに計画は進んでいますでしょうか。我が家は受験生ではありませんので、前半は緩めに過ぎ去ってしまいました。ぼんず君は彼の予定が立て込み、私はぼんず君から離れて、近場へのお出かけ三昧でした。

いちご狩りです。まもなくイチゴの旬が終わりますので、新鮮なイチゴの食べ放題で「もういい」と思うまで食べ尽くそうと決めていました。イチゴなら太らないかなと思った私は甘かったです…。

ハウスの中には蜜蜂が放たれていました。蜜蜂は思ったよりも小さいです。全長小指の爪以下で、私は過去に刺されたことがあるスズメバチの大きさを想像していました。

イチゴの苗と花の写真を掲載したのは、理科と関連付けていただきたかったからです。花の色は白で、花弁は5枚離弁花、葉の形も特徴的です。苗に果実が実り、1本の枝に複数の果実が付きます。このような設問が過去の最難関中学の入試問題で出題されたことがあります。

教科書のイラストよりも写真の方が印象に残りますが、いちばん記憶に刻まれるのは本物です。これから、キュウリやヘチマ、スイカ、カボチャなど、理科の試験でよく出題される野菜が育つ季節です。お子様とご一緒に、野菜の花や実の形や色を図鑑などでご確認されてみてください。楽しいですよ♪

GW中のぼんず君は、昨日も一昨日も帰宅後はちょこっとだけ勉強して、早々に寝ていました。その分、朝、出かける前に数学の問題解きと英語の暗記をこなしています。私がうるさくチェックするので、仕方なくやっている分もあるでしょうが、寝る前にセットした朝のノルマを終わらせてから出かける習慣は、ぼんず君にとってマイナスにはならないでしょう。

私は連日帰宅時間が遅いですが、その日のうちにやることはすべて終わらせてから寝ます。昨日5/3は帰宅時間が23時を超えましたが(高速道路の渋滞にはまってしまいました)、疲れていても、その日のことはその日のうちに終わらせます。GW中はブログの更新をお休みしようと思いましたが、記事をまとめ終えてから寝てる習慣を続けています。

中学受験時代、私がぼんず君の勉強を教える際は、ぴしっと背筋を伸ばして、姿勢を崩すことはありませんでした。今でもそうです。肘をつく、スマホを見る、これもなしです。次に教える教科書を読んで解き方を考えるか、ぼんず君が解く様子を見るかのどちらかでした。

ぼんず君の朝勉強も、私の帰宅後の家事や掃除、ブログ更新も、義務ではありません。ぼんず君は私に見張られていますが、私はさぼっても誰からも注意されません。それでも、私は「毎日やる」と決めたことは体調不良でない限りはやります。理由は、親が見本を示さないと、子どもは絶対にやらないからです。

仕事と、家の中のことと、ぼんず君の勉強確認は毎日続けるわ」と、通塾を始めた頃に宣言しました。仕事は受験直前に断念しましたが、また再開しています。「やる」と宣言したことを親が本当に続けられるか、口には出しませんが、ぼんず君は見ています。そして、私はさぼりませんので、ぼんず君も必要なこと=勉強を簡単にはさぼることはできません。

口だけで「勉強やりなさいよ!」と保護者様が言っても、あまり説得力はありません。スマホを見たり、楽な姿勢でヤイヤイ注意されても、お子様は心の中で「自分は楽してるくせに、何言ってるの?」と思っています。

ちゃんとしていない親から注意を受けて、「じゃあ真面目に勉強しなきゃ」、とは間違いなく思いません。「ずるいよね、自分だけ楽して」「言うだけじゃん」と、注意をされればされるほど、保護者様の言うことを聞かなくなるかもしれません。

保護者様が見本を示すことは、お子様を勉強に仕向けて、集中させることに極めて効果がありますが、難点もあります。それは、保護者様がさぼれないことです。毎日、お子様の前ではきちんとし続けなければなりません。結構しんどいです

ただ、もっとしんどい勉強を小学生のお子様もがんばっています。ここは、保護者様が立派な見本となって、お子様のやる気を引っ張っていくしかありません。

GW残りあと3日、受験生でないお子様も、そろそろ通常モードに戻る時期です。朝から保護者様がテキパキと家事を片付けて、「さあ、勉強始めようか!」と爽やかに声をかけてみませんか? 私も明日の朝は起きるのが辛いですが(今、午前2時です)、寝坊しないで、ぼんず君よりも早く起きて、爽やかな朝を演出したいと思います。今日も1日、がんばりましょう!

コメント