[有料記事]中1☆第1回「鉄緑会校内模試」まとめ(問題構成/難易度/クラス分け基準など)

スポンサーリンク
鉄緑会
SONY DSC

実験的試みとして、一部の記事を有料化にしております。

クレジットカードでのお支払いが可能です。

価格は予告なく変更する場合があります。


 鉄緑会では年に2回、8月と2月に校内模試が実施されます。これは半年ごと(4~9月と10~翌年3月)のクラス編成を決定する非常に重要な試験です。毎週の復習テストの成績が今ひとつでも、校内模試で上位になればクラス維持やクラスアップが可能です。逆に、毎週の復習テストで成績上位でプリントに氏名が掲載され続けても、学校行事や体調不良で校内模試を受験できない場合、次のクラス替えで極めて不利な結果となる可能性が高いです。

中1の鉄緑会に通われるお子様は、8月は初めて受験する校内模試です。問題の難易度はどの程度なのか、クラス維持(アップ)に必要な点数はどのくらいか、対策に何を勉強すればよいかなど、昨年の経験を基に分かる範囲でご紹介します。

ご紹介する内容は大阪校での経験を基にまとめていますので、関東地区のお子様にはあてはまらない内容があることをご了承ください。

続きを読むにはパスワードの入力が必要です

このコンテンツは有料です。続きを読むにはパスワードの入力が必要です。パスワードをお持ちでない方は下のパスワードを購入ボタンからご購入ください。

コメント

error: Content is protected !!