コロナウィルスによる医療・衛生サービスの利用制限で困ること

スポンサーリンク
中学受験_日常生活

3月初旬から学校が休校となったお子様が多いと思いますが、4月7日の緊急事態宣言発令後から世の中の経済活動が自粛されたこともあり、我が家では健康や衛生面での問題や困りごとが発生しています。

GW明けも緊急事態宣言が延長されると、学校や塾はお休みになる可能性が高いですが、その場合は医療・衛生サービスの利用に引き続き制限が残る可能性が高いです。

ただちに生命に関わるようなことではありませんが、少し前から「困ったな」と思うことをまとめました。同じようなお困りごとをお持ちの保護者様が「我が家も同じ!」と少し安心していただければ何よりです。

■散髪に行けない

お店で最後に散髪したのがいつなのか忘れてしまいました。ぼんず君ご用達のQBハウスは緊急事態宣言後に休業となり、髪の毛は伸び放題になっていました。過去形で書いたのは、今は伸び放題ではないからです。

中学受験の時、散髪に行く時間が足りなくなってきた際に購入したテスコムのスキカルがあったことを思い出し、自宅で私が髪を切りました。

「絶対、失敗するよね?下手だよね?」とぼんず君に何度も拒否されましたが、「QBカット代金の半分をあげるよ」と提案すると自宅カットを了承してくれました。

スキカルを使うのは久しぶりで力加減がよく分からず、仕上がりは今ひとつの出来でした。後頭部がまだらでパンダのようになり、「白浜の動物みたいやん」とごまかしましたが、「へたくそー」と言われてしまいました。

それでも髪カットから2週間も過ぎると、後頭部のまだら模様は目立たなくなり、問題解決です。GW明けに学校が再開してもまぁ恥ずかしくない髪型に戻りそうです。

美容院や理容院を利用することが難しい地域のお子様で、伸びた髪が気になる場合、4月中に自宅でカットすれば、多少の失敗も髪が伸びて問題なくなると思います。

女子は髪をゴムで結べば整ってみえますが、男子は髪質によっては爆発したような状態になるので放置が難しいですね。

■矯正治療が受付停止

前回の調整から随分期間が経っていますが、コロナウィルス発症後、長年通っている矯正歯科は痛みや虫歯などの緊急を要する治療以外は受付けなくなりました。 

ぼんず君はワイヤーはすでに外されて、夜寝る時のマウスピースだけなので、口内の調整は必要ありません。そのために、マウスピースが口にはまらない場合や外観から明らかに歯の並びが崩れてきたなどの問題がなければ、通院は控えるつもりです。

ただ、よく考えると、歯科医の環境は病院と同じくらいに感染リスクがあるので、通院は怖いといえば怖いです。歯医者さんに「その器具は消毒済ですか?」と私が質問するのも難しいので、ぼんず君にぼけたふりをして質問させてみようかなと思案中です。

矯正歯科だけでなく、企業の健康診断を受け付ける病院も休業中のところがあります。この時期なら空いているかな?と電話で問い合わせしましたが、会社指定の病院は休業していました。

大勢のスタッフさんが働く大きな病院ですが、ここにもコロナウィルスによる休業の影響が出ています。

■眼鏡のレンズ交換ができない

ぼんず君が「眼鏡をかけても遠くが見えないのでレンズを交換したい」と言ってますが、近隣のZoffが臨時休業中で眼鏡を購入できません。

子ども眼鏡を初めて購入した時にZoffでとても親切にしてもらったこともあり、次もZoffで購入すると決めているので、我が家は休業が明けるまで購入を待ちます。

(15歳までの子どもをサポートするZoff U-15プログラムで、レンズの度数交換が1年間無料の制度にお世話になりました。度が進んだら本当に無料で交換してもらえたことに感激しました。)

自宅内での生活なので遠くが見えなくても生活に支障はありませんが、度が合わないので目が疲れたり、肩が凝るようです。

6年生になると急に眼鏡をかけるお子様が増えたことを覚えています。お子様が目が痛い、頭が痛いなどと訴える場合、視力低下の可能性もあります。

上記以外でいちばん神経を使うことは、病院に行くような状況にさせないことです。

ただでさえコロナ対応で多忙な病院に迷惑をかけたくないことと、病院に行くことで感染のリスクがあるからです。

室内でも、尻もちをついて尾てい骨が折れるケガもあります(経験者です。恐ろしく痛くて転倒後に起き上がれません。骨折したとすぐに分かります。治療法はありません。安静にするだけです)。

あとは、地味な疾患ですが、運動不足によるお腹の不調もあります。軽い便秘なら蒟蒻畑を1袋も食べれば解消しますが、慢性的な状態になると困りますね。

本当は朝早く起きて運動すればいいのですが、早朝でも予想以上に外を走ったり散歩する大人が多く、マスクなしランナーからすれ違いざまに吐かれる息が怖くて、すぐに止めてしまいました。

身の置き場が家の中にしかない状態が続きますが、ケガや病気のないよう過ごして、休校明けにお子様を元気に学校に送り出してあげたいですね。もう少し我慢が続きますが、必ずその時が来ると思って、静かに過ごしながら待ちたいです。

  • 休校期間の教材に最適。1カ月間無料の申込は5/10まで
  • 英語&数学の先取り学習に最適!
  • 問題演習&ビデオ解説で理解が深まります
  • 小4から高3までの講義と教材は使い放題

コメント

error: Content is protected !!