全学年☆進学フェアで情報収集のすすめ(5/19梅田)

スポンサーリンク
中学受験_記事紹介

大手進学塾に所属するお子様であれば、塾主催の進学説明会で中学受験全般の動向の情報が定期的に提供されます。6年生になると、人気校の先生が塾の会場にお越しになって、中学校のPRをなさる説明会も開催されます。

ただ、中学校の先生による説明会に参加できるのは、高学年になってからで、6年生の秋に話を聞いても、すでに受験校はほぼ決定していると思います。「灘中いいなぁ」「甲陽に行きたいなぁ」と思っても、確実に合格可能かどうか、6年生の秋にはおよその推測ができるため、6年生の秋に受験する可能性のない中学校の説明会に行くのは時間がもったいないと思ってしまいます。

低学年の保護者様の場合、中学校が主催する進学説明会に行かないと先生の話を直接聞ける機会はなかなかありませんが、年に何回か、関西地区の私立中学校が一同に会する合同説明会があります。

直近では、5月19日(日)大阪梅田のハービスホールで「難関私立中学高校進学説明会」が開催されます。主催は朝日新聞、協賛はSAPIXです。関西圏の難関中学・高校55校が参加予定です。

参加学校はそうそうたる顔ぶれです。男子中学では、灘、甲陽、東大寺、洛星、星光、六甲、函ラ、明星、清風など。女子中学では、神戸女学院、四天王寺、同支社女子など。共学では、洛南、西大和、愛光、清風南海、須磨学園、高槻、立命館など。ほとんどのお子様の第一志望校が網羅されています。

参加校一覧を掲載します。


「進学相談会」というイベント名から分かるように、学校ごとにブースが設置され、学校の先生に相談できます。混むと思いますので、相談目的の場合は朝いちばんでの来場がよいと思います。

いちばんの目玉は、特別講演(灘、甲陽、東大寺の校長先生の特別講演と三者パネルディスカッション)、算数座談会(大阪星光、四天王寺、帝塚山の算数科教師による座談会)、英語テーマのセミナー(関西学院、神戸女学院、西大和の教師によるセミナー)、洛星、洛南、高槻、清風南海の学校説明会など、非常に盛沢山な内容です。

特別講演、とても興味があります。誰でも参加できるのかと思ったら、当然、事前申し込みによる抽選でした。ウェブから申し込みできますので、ご興味お持ちの保護者様は応募だけでもされてみるとよいと思います。

特別講演の校長先生方のお話は、塾や中学校での説明会で伺ったことがありますが、どの中学校でも入れていただけるのであれば、二つ返事でお願いしたい!と惚れ惚れする内容でした。校風の素晴らしさを実感いただけると思います。

我が家は中学受験終了組ですが、特別講演が当選したら参加しようかなと思案中です。ただ、当日会場をうろうろしていて、学校の先生と鉢合うと気まずいかもしれないなと、やや心配です。変装しようかな?

講演会以外は予約なしで自由に参加できます。学校のパンフレットも山積みされています。低学年の保護者様でも参加可能です。非常に有意義なイベントです。中学受験を少しでもご検討される関西地区の保護者様は、ぜひご参加くださいませ。

コメント

error: Content is protected !!